2009/04/03

A backup script for Xen DomUs, part 1

XenのDomUを運用する際、複数のDom0(物理サーバ)を準備しておき、DomUのディスクイメージ(以下、単にイメージ)を共有しておけば、一台のDom0が故障しても、健全なDom0でサービスを継続することが可能だ。
Dom0間でDomUイメージを共有する方法には、iSCSIを使う方法や、DRBDを使う方法があるが、CentOSのiSCSIターゲット(ストレージ側)やDRBDには問題があり、今のところ安心して採用できない(iSCSIターゲットに専用機器を使えば問題無いが、金がかかる)

そこで紹介するのが、今回のバックアップスクリプトxen-backup.shだ。このスクリプトは、rsync(1)を使うため、単純にディスクイメージをネットワークコピーするより圧倒的に早い。また、Xen固有のコマンドを一切使わず、virshコマンドを使っている。このため、libvirtがサポートしている他の仮想環境、kvmなどでも使用できるかもしれない(未確認)。
前提条件は以下の通り:
  1. Dom0間で、rootによるSSHログインが可能であること。
  2. 論理ボリューム(logical volume, LV)上にイメージが保存されていること。
  3. 各DomUに対して、ディスクイメージLV名が一致すること。
  4. Dom0とDomUのボリュームグループ名(volume group, VG)が重複しないこと。
  5. 実行前に別途フルバックアップを実行すること。
  6. 無保証
前提条件1.は、rsyncを安全に使うため必要。完全に自動化したい場合は、このバックアップ用の公開鍵を作成し、秘密鍵のパスフレーズを外した状態で、各Dom0のrootに配布すればよい。
前提条件2.は、動作中のDomUに対してスナップショットを撮ってバックアップするための条件。スナップショットが必要ない場合は、ファイルや物理的なディスクパーティションに対して動作させられるよう改造するのはそう難しくないだろう。
前提条件3.は要するに、DomUの設定ファイルが(ディスクイメージに関して)完全に一致すれば良い、ということだ。これは単に私の手抜きの結果。LV名が異なる場合は、コピー元・コピー先それぞれのDom0上で設定ファイルを解析するよう改造が必要。
前提条件4.については、『パスワードを紛失したDomUをリカバリ』に書いた通りで、具体的には、DomoのVG名を、標準の「VolGroup00」から「VolGroupXX」に変更してインストールする(DomUのVG名を標準のままでよい)。『Red Hat Cluster: CentOS 5.1上でRHCSを使ってみる・その2・Dom0 fsXのインストール』を参照。
前提条件5.は、使用前に例えば、
[root@dom0a ~]# dd bs=16M if=/dev/VolGroupXX/LogVolDomU1 | ssh dom0b 'dd bs=16M of=/dev/VolGroupXX/LogVolDomU1'
を実行する必要がある。今回のスクリプトでは、パーティション情報やLVM情報はコピーされないためだ。

なお、今回のスクリプトでは、対象DomUが実際に動作しているDom0上から、他のDom0へコピーを行う。これは、誤って古いイメージから新しいイメージへ書き戻すのを防ぐため。

スクリプトを実行する前に、各DomUに対する設定ファイル/root/Works/Xen-Backup/xen-backup.d/*.confを準備する(通常は、DomU名.conf)。設定項目は次の二つのみ:
DOMU
DomU名
DOM0S
このDomUのイメージを保存するDom0。空白で区切って並べる。ネットワーク的に到達可能な名前でなければならない。
例えば、DomU domu1に対する設定ファイル/root/Works/Xen-Backup/xen-backup.d/domu1.confならば、
DOMU=domu1
DOM0S="dom0a dom0b"
となる。この場合、domu1は、dom0a dom0bでホストされている。

xen-backup.shをダウンロード

コードは以下のbase64形式を、xen-backup.sh.b64として保存しておき、以下のコマンド
cat xen-backup.sh.b64 | base64 -di | gunzip > xen-backup.sh
で復元して使用する。

2009/4/5(日)追記:
ログをSYSLOGで出力するように変更した。

2009/4/6(月)追記:
重複実行を排除した。

2009/4/7(火)追記:
エラーもログされるよう変更した。
Cronからでも正常に実行されるよう、PATHを設定するように変更した。

2012/11/30(金)追記:
ファイルをダウンロードできるようにした。

H4sIAIcc2kkCA9VZbXPbuBH+LP4KHI2pbKc05eTaTu0wV53fznOO7bHl6V0Tn8SQkMQx34agZDuO
/3t3AZAEKDF10g+dJjMRAewudh/sG5CNH9xPUep+8vncOhuen3gH1uVw9IvnLnjhxlngxy4Hgj1t
LIZysl5paODDskIWxH7BiFOQg4vz4/Hh6ZXnFllWuv/Mijvu/sZS52c/uFvk7gN8fhKfO6HO99v7
s+9hu764uTo4Qs7x6OLSc5O0dHm2KAKmU42GVydHI5Oq9IsZKw1Z58PL618uRuPr038debsn+tr7
38fDw8Ora28ibHejnPhhWBA+z+7JF1IWpO/2Cf79Qvz7Oxj9QbajlJXEfcqLKC0Jff3cn+giL6+P
Lr1+3tfnzi5OxqPhiTeBA2KpnzBCBx8ovTUZTw/Hx6dnR5679Au3WKSuTj7ZyaMGIhR4PDw4PTsd
/e6J83xjrF1cjk4vzj3btqw4m40TxmebW9aTReCPICcxW7LYo7tiis+jaakWZzNWEAcMU0oTJ5ff
1X47VPDKSbkRodvWs9yKl2GUvmyv+3kUM1IwPyQxYLpPwszqsWCeEYpjgPz7tBHCwyxlqFMNsE+y
nKXjIEsSPw15sxCRdFwvpX7IvYFlgReMdfraIrYEg+iuVE5aS6J0mpHX7/4kDTS2+UBTQw6/rXDY
3GytvHq1tYUaswcWmCstOCNQsMHvA6ERcWKAqCWP3OqIPrXUim6frd7mZiR27QAsiDPOOhBr1nTI
DI5abVMOQmLOGJiYSwYo5tIKKityV1CalWRQwQK2Ow4Ir/BpK4kAdeAy5ePS/xQzE5F6ViBRjWot
N+Q+0tBqFbGovg0UqsnK/iRbpCXO+nHcMjwv2DR6WBfKylmIZM4zzFchW0YBEwo85qzDj6rdWy7U
aA3g7Nfus1/jBFHx0erxrCiJc7f7Z4gSGGph3q2I3AflaDTeRG4sLaQ69xfCWUj63P3oUteFDCx4
BbkgEzlDyYbsRKjaThdiHO8i/f+DuPgforyQMHfiGfFx8oi1q4ZSVuZxlHuTecZLmURlUSVzn4vC
yzhvKuuPWFmRM5oCdD8Q5zOhtRDErZyz1OpNs4IkjzgFqZhWFb0xVXBTSeF5a0X0ClYuipQMJMc0
snrCDjXAH0Wxq2wDvoKNw4jftVzlIakrnZxIF4lHX1s1cHbgQ/cQZokP/YY8Hu6iIMgFi+TWBlBA
RowIOA6fsxjKDUzANJsVLCf9P94idZ+8I8jupgugEMUHNEPDoEAt2HhaZAlks3QazdZqqPQiLGbw
+4b4ZVl49McX6+lS5HT/QZHRll7ZoTes4DE7xx9t0UC96gumvt5CofJ+6sePn9eiCnCLaRNaSMWm
f5O2N6rw9YuyicXmWAYidJezseix4qX8vRPk+GkJ+prbm+AnBITDwYuURkTaULeHl0ASlVGWkhHG
8V5t5JvKmwNo6iDaKqngtVYv4WHGt6T3tVsPYguNHtBc7H6wwWz2txsmo4I1XGE3l5Y0JJDybCs4
1UgDVc7I2ILcBANRoHp1dnr79uji2HoJUGT7w8D5++2rJt53bWLTv+I/f0OsUJAMYG+gq6tl0UVS
pc+eRPWp1hzSp0BWMIJXLh4cfu/noGuvt79fzS8TMaFcAA54yQM/BSVFqNEn+kyfEDn4qQBCwcoI
I1GBmNWTW86CuZ/OsGt4JFRtY1e0rQPTiFOTGFNc5Z6Q5Cbxklc60NeeZ/cr6r5NajRBKYWN9BAt
umTmqJhcqmQjqch7OkbbAqEmKKpyUZ+rVMQ5dhtAzo81ROpKZ7v0yfAlhFJokvh5zgpYbrZ5zk3I
zaO1axUZ9wPhi5HpifILSeIsy9WC7umDxs0Hpo/D8L92478IXzbcuNNDTe+s1O5tV6OvgjhAbGrl
GvEDCVIlTaR1AZWaqScg8dZ3RHmTsTfINRRJMGVAJqFfsoltiSLqTCGPqFtqXTzVrdHg3wBvy7BE
AlpZgEU94gRutGmUzmyLxZw1dYZSqGS1WFlywd2xdI2nGO9Y1avnB3d7BxekXx9evL/BKy5+DK7F
1w6hNSOefFutYM6CO1CCHGbJDaEowcZan/AS7PQmy6jgc1KNJQEU16bSgldDJwAl1qM/WT3ZWsgJ
4kD6GzQ9xXpcrn89vdzTdkdgACqCHRF4GpSNcg5TOFQ5GuwpwUHAHGxLpBPVCkZqIz5flB9JNp1u
fevG6lS+vrPuRUHhQ3UPv4SPwIYu+vK90qyAbiKOH7t2FSEt3VS7bhUsyUpw8CwZcMAcq4Go4WJG
HDs6DA6ErwhvMNq/uhcVyA3qrk+TIhZUmKB7YkvY7IrBWpGYqaZuFaUvYIvaSH2hM6C+oC6TIEVp
EC9C9h/8YFXYz8ODX29M2MtMYYeTg02+tUc+0CfDsO3b51vbsnob5OpoeCie+U5Prob4jHItGjqP
qic8V8jcgSmrp8JkkeTY4cnN3ol2D89n1zg9zEvjsIiWkA3Et3zHk9/qtU7dXoy+WnaPNGpOUpMk
DmSyttut+IjaE899ogmQ279EQKUoW+r8UuWX8EtKjb/2HOkxKcrjHo0E/u8vbs5HCr6VRkdQVr2O
VkxakKiCks8fq9rBUz/n88ws3U8tIJ7X1XBsahxKlZzl7JsFvJE9wFrX31BdOPqlHjF7ANodq7Um
1NBfFIY1m99H5Zzw6DMgYjz22nWbF0DlhzCAi0kl2XGEQa0NgADEeKaY9faue/7rdfXi8RKjbsmw
hFa9l2y9jP0rhdf2amvo17YLOtgSaxUJ69xF5hy+yPNMtDqRSshAweES091CmL6MLxIIzli9lIin
ePmI71IqU4fVUzdvnUY+4Tc0cBW6C6NCXFkMkV2IrybCLs8SXRMYpL/ztDdxIGNm+Owx79hP1hot
hYqSo6fUJkbXeL2Wjg2uRjsRtLC9MzIIZEfaodRk9cm4ebpx+pT2xeNNg6xxENbERMRYXCcHO9pO
C/ljGqiKgDnRKIdQj3SblLWFYHH85WcIv5DFDAOVSRAc9iCroVsmbY9wTQRX9F5/fN98MOph8HuP
xnxXfAG6m0FIMDT2SZGo82oFyZY6cPPFelVWdY11lqTKP+o6omL25bHTgNC2px2knZHTW2NYK0Ns
dbF2mDv/yv/C1O93RaLdLqB1WrnrMEjQ8v8gCQ+KKC/rS8+/ARtDd5VWHQAA


A backup script for Xen DomUs, part 1
A backup script for Xen DomUs, part 2

2 件のコメント:

Tomohisa さんのコメント...

はじめまして。

CentOSのiSCSI Target(やDRBD)には問題がある、とのことですが、具体的にはどのような事でしょうか?

すぐに見つけられず、もし過去の記事にありましたらすみません。

りょう さんのコメント...

まず、scsi-target-utilsですが、『RHCS: iSCSI, DM-MP, CLVM and GFS・その9・考察』を読んでください。Device Mapper Multipath(DM-MP)で使えませんし、DM-MPで使わなかったとしても、障害時の復旧に問題があることが解ります。
DRBDもDM-MPが使えないことの他に、私の環境では、DRBDとXenのLive Migrationを使った検証で、不安定な場合がありました。これについては、このブログには書いてないかも。